TOWARD WEATHER CONTROLLED SOCIETY

ムーンショット目標❽ 気象制御

気象場の操作容易性、
制御による被害低減効果の定量化技術を開発し、
気象制御効果の最大化を実現します。

PAGE SCROLL

このプロジェクトについて

予測を高度利用する社会へ

このプロジェクトでは、従来の「環境予測技術の深化」に留まらず、気象・災害の制御や費用対効果の高い観測網の設計など、予測を高度利用する社会(A World Beyond Predictions) の創成に挑戦しています。

例えば内閣府・ムーンショット型研究開発では、気象制御の意思決定のボトルネックである制御効果最大化の議論を可能とするべく、「気象制御にかかるコスト」と「気象制御による被害低減効果」の定量化技術を開発しています。激甚化しつつある台風や豪雨を制御し極端風水害の脅威から解放された安全安心な社会の実現に向けて、気象・数理・情報・産業界の連携チームで取り組んでいます。

また「制御・設計」をデザインできる技術が得られた時、我々はその技術が社会実装可能なように、倫理・法・社会問題の研究も進める必要があります。このプロジェクトでは、理学・工学的アプローチによる災害予測・制御研究を推進すると共に、倫理・法・社会問題を扱う人文社会研究についても文理横断研究を進めていきます。

PAGE TOP